2011年度秋季成績


2011年度秋季リーグ戦10勝3敗1引き分け勝ち点5
完全優勝

曜日 球場 第1試合 第2試合
第1節 8月27日 南港中央 龍谷大9ー1大商大 大院大3ー0大経大
8月29日 大経大0ー4大院大 大商大3ー7龍谷大
8月30日 予備日
第2節 9月3日 皇子山 雨天順延
9月4日 雨天順延
9月5日 雨天順延
第3節 9月7日 南港中央 大経大0ー11龍谷大 神院大6ー3大院大
9月8日 大院大1ー4神院大 龍谷大14ー3大経大
9月9日 予備日
第2節 9月16日 わかさスタジアム京都 神院大6ー6大商大 龍谷大4ー0京産大
第4節 9月17日 京産大ー龍谷大降雨ノーゲーム
9月18日 京産大4ー2龍谷大
第5節 9月20日 ほっともっとフィールド神戸 雨天順延
9月21日 雨天順延
9月22日 順延
第6節 9月25日 舞洲べ−スボール 龍谷大3ー1神院大 大商大1ー2大経大
9月26日 大経大1ー5大商大 神院大7ー3龍谷大
9月27日 龍谷大0ー9神院大 大商大1ー2大経大
第7節 10月1日 舞洲べ−スボール 大経大3ー4京産大 龍谷大3ー3大院大
10月2日 大院大1ー1龍谷大 京産大9ー6大経大
10月3日 龍谷大10ー2大院大
第5節 10月6日 草津グリーンスタジアム 京産大3ー0大商大
第2節 10月8日 龍谷大学グランド 大商大7ー3神院大 京産大1ー9大院大
10月10日 大院大1ー2京産大 神院大7ー1大商大
10月11日 南港中央 大商大2ー4神院大 京産大0ー2大院大
第5節 10月13日 草津グリーンスタジアム 大商大3ー4京産大 大経大0ー3神院大
第8節 10月15日 南港中央 大院大6ー1大商大 京産大3ー4神院大
10月16 神院大4ー0京産大 大商大4ー2大院大
10月17 予備日
第5節 10月20日 わかさスタジアム京都 神院大8ー2大経大 龍谷大2ー3京産大
10月22日 龍谷大学グランド 大経大1ー3神院大 大院大4ー5龍谷大

開会式 9:30〜
第1試合 10:30〜
第2試合 13:00〜
第1試合のみ 13:00〜
ナイター試合 18:00〜


11.20   敗退

県知事杯準決勝は三菱重工神戸と対戦。

打線は何とか1点を取るものの、8失点し、1対8で県知事杯は準決勝で敗退した。

これで今年の公式戦が終了し、来春に向けての練習が始まる。

11.16   兵庫県知事杯初戦辛勝

県知事杯初戦は流通科学大学と試合。

9回に2点を先制された裏の攻撃で追いつきタイブレークに。

1点を追加されるもののその裏2点を追加し逆転勝利。4対3で何とか初戦を突破した。

11.13   新人戦勝利

昨日負けた神院大は大阪学院大学と対戦。

7回日没で試合は途中で終了したものの、5対4で勝利し、第5位となった。

11.12   新人戦・兵庫県大学選手権

本日新人戦と兵庫県大学選手権大会が行われ、新人戦は京都産業大学に0対3で、兵庫県大学選手権は甲南大学に0対1で負けた。

明日、11月13日(日)は新人戦の大阪学院戦が行われる。

秋季リーグ戦・関西地区大学野球選手権ではたくさんの応援ありがとうございました。今後も大会が続き、来春のリーグ戦優勝に向けてスタートしています!!今後も温かい応援よろしくお願い致します。

11.5   神戸新聞杯兵庫県大学選手権大会初戦勝利

明治神宮大会出場権をかけた戦いを終え、本日より神戸新聞杯兵庫県大学選手権大会の初戦を迎えた。

初戦は姫路獨協大学。

先発松田は危なげない投球で相手打線を完封。

打線も7得点し、7対0で姫路獨協大学にコールド勝ちした。

11月6日(日)には甲南大学と対戦する。

11.4   明治神宮大会出場権逃す

昨日同志社大学に勝利した神院大は再び佛教大学と明治神宮大会への出場権をかけ対戦。

1回に相手に先制されるとその裏1番安岡が四球で出塁するも得点できず無得点が続く。

結局0対4で完封負けを喫した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 2 0 0
2 8 大西 3 0 0
3 6 山徳 4 1 0
4 9 中濱 4 0 0
5 3 青山 3 0 0
6 7 4 1 0
7 2 筒井 3 0 0
H 村松 1 0 0
8 4 今宮 4 2 0
9 1 前田 2 1 0
H 石津 1 0 0
1 中島 0 0 0

名前 安打
前田 7 28 7 2
中島 2 8 1 2


11.3   勝利!!

昨日惜敗した神院大は関西学生野球連盟代表の同志社大学と対戦。

初回から1番安岡がレフト前ヒットで出ると2死3塁から4番中濱がショートへの内野安打を打ち、1点を先制。

5回には1番安岡の2点タイムリースリーベースで2点を追加。

7回には2番大西が2点タイムリースリーベースを放ち、その後3番山徳が犠牲フライを打ちこの回に3得点。

先発酒井も10安打を打たれながらも3失点で抑え、結局6対3で同志社大学に勝利した。

明日11月4日(金)は京滋大学野球連盟代表の佛教大学と再び対戦する。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 3 3 2
2 8 大西 4 2 2
3 6 山徳 3 1 1
4 9 中濱 4 1 1
5 3 青山 3 1 0
6 7 3 1 0
7 2 筒井 3 1 0
8 4 今宮 4 2 0
9 1 酒井 4 1 0

名前 安打
酒井 9 40 10 3

(完投勝利の酒井投手)


(3打数3安打2打点!!先制のホームを踏んだ安岡選手)


(先制の内野安打!!主将中濱選手)


(2点タイムリースリーベースを放つ大西選手)


(6得点目の犠牲フライを放つ山徳選手)


(チーム一丸となって明日の試合に臨む神院大の選手達)

11.2   惜敗

昨日近畿学生野球連盟代表の奈良産業大学に快勝した神院大は京滋大学野球連盟代表の佛教大学と対戦。

しかし、打線は6安打で完封。

先発東山は好投するも延長11回に得点を入れられ、0対1で惜敗した。

明日11月3日(木)は関西学生野球連盟代表の同志社大学と対戦する。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 4 0 0
2 8 大西 5 1 0
3 6 山徳 5 4 0
4 9 中濱 3 0 0
5 3 青山 3 1 0
6 7 4 0 0
7 2 筒井 4 0 0
8 4 今宮 4 0 0
9 1 東山 4 0 0

名前 安打
東山 11 42 6 1


本日も平日にもかかわらずたくさんの応援ありがとうございました。皆さんの声援が力となり初戦は勝利することができました。明日からの試合も皆様のご期待に添えるよう頑張りますので、引き続き応援の方よろしくお願い致します。

11.1   第9回大阪市長杯争奪関西地区大学野球選手権大会初戦白星

秋季リーグ戦に優勝した神院大は関西六大学野球連盟を代表して近畿学生野球連盟の奈良産業大学と対戦。

2回に満塁から1番安岡が四球を選び先制すると、6回には2番大西のタイムリーで2点目。

8回には3番山徳がランナーを一人置いてランニングホームランを放ち4得点。

先発前田は3安打1失点完投で、結局4対1で奈良産業大学に勝利した。

明日の11月2日(水)には京滋大学野球連盟代表の佛教大学と第2試合目に対戦する。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 3 1 1
2 8 大西 5 2 1
3 6 山徳 4 2 2
4 9 中濱 5 0 0
5 3 青山 3 0 0
6 7 4 3 0
7 2 筒井 3 0 0
8 4 今宮 3 1 0
9 1 前田 3 2 0

名前 安打
前田 9 33 3 1


(3安打完投の前田投手は打撃でも3打数2安打)


(ランニングホームランを放った山徳選手)


(タイムリーを放つ大西選手)


(4打数3安打!好調!泉選手)


(先制の四球を選んだ安岡選手)


(今大会は中濱主将の選手宣誓で始まった)

今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。今シーズンは何とか良い成果をあげることができました。本当にありがとうございました。
しかし、すぐに第9回関西地区大学野球選手権大会が11月1日より南港中央球場で始まります。初戦は奈良産業大学です。引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

10.22   完全優勝!!勝ち点5!

優勝が決まった神院大は大阪経済大学と試合。

先発前田は7回1失点。今季3勝目。8・9回も後を継いだ中島がピシャリと抑えた。

打線は5安打3得点で効率よく得点を重ね、結局3対1で勝ち、勝ち点5の完全優勝で今季のリーグ戦を締めくくった。

なお、最優勝選手賞には主将の4回生中濱が選ばれた。

また、ベストナイン(三塁手)・首位打者・平古場賞(新人賞)に2回生の安岡が選出された。

さらに、ベストナインに3回生の山徳(遊撃手)と2回生の泉(指名打者)が選出された。

そして、今日勝ち星がついた前田は平古場賞(新人賞)を受賞した。


打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 3 0 0
2 8 大西 4 1 0
3 6 山徳 3 0 0
4 9 中濱 1 1 0
5 3 青山 1 1 2
6 DH 3 0 0
7 7 石津 1 0 0
H 村松 1 0 0
7 有本 1 0 0
8 2 筒井 4 1 1
9 4 今宮 4 1 0

名前 安打
前田 7 29 7 1
中島 2 10 2 0

(完全優勝を成し遂げた神院大メンバー)



(左上から最優秀選手賞を受賞した中濱選手・平古場賞を受賞した前田投手・副主将の青山選手・指名打者部門でベストナインに選出された泉選手・下段左から遊撃手部門でベストナインに選出された山徳選手・4回生投手酒井選手・首位打者、三塁手部門ベストナイン、平古場賞を受賞した安岡選手)


(今季3勝目!前田投手)


(粘りの2点タイムリーヒット!!青山選手)


(ダメ押しの3点目をたたき出した筒井選手)

10.20   優勝!!14年28季ぶり!!

勝ち点4で迎えた大阪経済大学戦。

1敗しており後がない神院大は3回、3番山徳のスリーベースヒットで2点を先制するがその後同点に追いつかれる苦しい展開。

しかし、7回に2番田中のタイムリーで1点追加し、相手のパスボールでさらに1点追加。

9回には4番中濱の2点タイムリースリーベースと5番青山のタイムリーツーベースで3点を追加。

相手のエラーも重なりこの回だけで4得点。

5回から先発酒井の後を継いだ中島が相手打線を2安打に抑え、結局8対2で大阪経済大学に勝利した。

なお、その後に行われた龍谷大学対京都産業大学の試合が京都産業大学の勝ちとなり、14年28季ぶりに神院大の優勝が決まった。


打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 2 1 0
2 8 田中 3 2 1
3 6 山徳 4 2 2
4 9 中濱 4 1 2
5 3 青山 4 1 1
6 DH 4 0 0
7 7 大西 5 0 0
8 2 筒井 4 1 0
9 4 今宮 4 2 0

名前 安打
酒井 4 18 5 2
中島 5 17 2 0


(リーグ優勝を果たした神院大ナイン)

(2安打2打点の活躍!!副主将の山徳選手!)


(2点タイムリースリーベース!!主将中濱選手)


(副主将で主務の青山はダメ押しのタイムリーツーベースを放つ)


(好リリーフ!!1回生中島投手)


(4回2失点の4回生酒井投手)


10.16   連勝!勝ち点4!!東山延長14回完封!!

先発東山は延長14回を一人で投げ切り4安打完封。

何度もあったピンチを気迫のピッチングでしのぎ、バックの好守にも助けられ今季2勝目。

打線は延長13回まで2安打に抑えられる苦しい展開。

しかし、延長14回に1番安岡がライト線へツーベースを放ちチャンスを作ると2番田中のバントが失策となり無死1・3塁。

その後、4番中濱が四球を選び満塁とすると5番青山が死球を受け1点をもぎ取った。

6番途中出場の泉も四球を選ぶと2点目が入り、7番大西はセンター前にタイムリーヒットを放ち3点目。

9番今宮も四球を選びこの回に一挙4得点。

結局4対0で京都産業大学に勝利し勝ち点を4とした。


打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 6 2 0
2 8 田中 5 0 0
3 6 山徳 6 0 0
4 9 中濱 3 0 0
5 3 青山 5 1 1
6 DH 大塚 2 0 0
H 井口 2 0 0
H 0 0 1
有本 0 0 0
7 7 大西 7 1 1
8 2 筒井 5 0 0
9 4 今宮 3 0 1


名前 安打
東山 14 52 4 0

(延長14回を投げ切り完封で今季2勝目!!東山投手)


(大西選手は延長11回に好守をみせ、延長14回にタイムリーヒットを放った)


(神院大ナインは気迫のプレーで勝利を呼び込んだ)


10.15   京産戦初戦白星

神院大は京都産業大学と対戦。

打線は初回から2つのヒットでチャンスを作ると今日初スタメンの6番大塚(市川高校出身)が満塁から四球を選び先制。

4回には8番筒井のタイムリーで2点目。

一時は逆転されるものの6番途中出場の泉が2死3塁から左中間にタイムリースリーベースを放ち追いついた。

その後相手のエラーで逆転し、打線は10安打4得点。

先発前田は3回2失点で降板したもののその後を継いだ1回生左腕中嶋が最後まで投げ切り、継投で9安打3失点と相手打線を抑えた。

結局4対3で京都産業大学の初戦を白星で飾った。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 4 1 0
2 8 田中 4 1 0
3 6 山徳 4 2 0
4 9 中濱 2 1 0
5 3 青山 4 1 1
6 DH 大塚 1 0 0
HD 2 2 1
7 7 大西 3 1 0
8 2 筒井 4 1 1
9 4 今宮 2 0 0

名前 安打
前田 3 17 5 2
中島 6 24 4 1

(好リリーフの中島投手)


(攻守にわたり良い活躍をする筒井選手はタイムリーを放つ)


(同点のタイムリースリーベースヒットを打つ泉選手)


10.13   大経大戦黒星

大阪商業大学から勝ち点を奪った神院大は、大阪経済大学と対戦。

先発酒井は一昨日の疲れも感じさせず危なげないピッチング。

しかし、3回に打ち取った打球が不運にも野手の間に落ち3失点。

打線も相手投手に3安打に抑え込まれ、結局0対3で1敗した。


打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 4 1 0
2 8 田中 4 0 0
3 6 山徳 4 1 0
4 9 中濱 1 0 0
9 石津 2 0 0
H 大塚 1 0 0
5 3 青山 3 0 0
6 DH 3 0 0
7 7 大西 3 1 0
8 2 筒井 3 0 0
9 4 今宮 0 0 0
4 藁科 2 0 0
H 村松 1 0 0
4 井口 0 0 0

名前 安打
酒井 9 34 6 3


10.11   勝ち点3!!

昨日の勢いもそのままに神院大は序盤から得点を重ねていく。

3回に1番安岡が放ったゴロをショートがエラー。その間に7番大西が生還して先制。

続く4回には6番泉のタイムリーで追加点を重ねた。

6回には2死から4番中濱がスリーベースを放ち、5番青山がタイムリーを打ち3点目。

8回には1番安岡が昨日に続くソロホームランを放ち、ダメ押し。

先発酒井は要所を締める粘りの投球で相手打線を7安打2失点で抑え込み、今季2勝目。4対2でチームは勝ち点を3とした!!

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 4 1 1
2 8 田中 3 0 0
3 6 山徳 3 0 0
4 9 中濱 4 2 0
5 3 青山 3 1 1
6 DH 3 2 1
7 7 大西 3 1 0
8 2 筒井 2 0 0
9 4 今宮 3 0 0

名前 安打
酒井 9 37 7 2


(粘りの投球で今季2勝目!!酒井投手)

(快足を飛ばし先制のホームを踏んだ大西選手)


(2点目のタイムリーを放った泉選手)


(2死からの貴重な追加点!!5番主務兼任の青山選手!!)


(先制のショートゴロで気迫のヘッドスライディング!!8回に今季4号ソロも放った安岡選手)


(プレーでもチームを牽引!!今日2安打の主将中濱はスリーベースを放ちベースを駆け巡る)

10.10   雪辱果たす!!

1敗1引き分けで迎えた大阪商業大学戦。

一昨日の雪辱を果たすため燃えに燃えた神院大は打線が爆発!!

初回に1番安岡の先頭打者本塁打から始まり、5回には3番山徳のレフト前タイムリーヒットで2得点目。

7回には本日2本目の1番安岡のソロアーチが飛び出し3得点目。

さらに9回には3番山徳が走者一掃のタイムリースリーベースを放ち、相手のエラーも絡んで自身も生還。

結局合計で7得点。

先発前田も気迫のピッチングで7安打1失点完投!!

7対1で大阪商業大学を下し、1勝1敗1引き分けに持ち込んだ。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 3 3 2
2 8 田中 4 0 0
3 6 山徳 5 2 4
4 9 中濱 4 1 0
5 3 青山 3 1 0
6 DH 3 0 0
7 7 大西 3 1 0
8 2 筒井 4 1 0
9 4 今宮 3 1 0

名前 安打
前田 9 35 7 1

(3打数3安打先頭打者ホームランを含む2ホーマーの活躍!!安岡選手)


(5打数2安打4打点の活躍!!山徳選手)


(7安打1失点完投勝利!!前田投手)


(明日に向けて一丸となり試合に臨む神院大ナイン)

10.8   大商大戦黒星

1引き分けで迎えた大阪商業大学戦。

先発の東山は初回3人で打ち取り、立ち上がり好調。

その裏すぐに1死1・3塁のチャンスを迎えるも、神院大は先制できず無得点。

逆に2回、相手にツーランを打たれてしまい、先制を許してしまう展開に。

その後、何とか食らいつくも逆転できず、結局3対7で1敗した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 5 2 0
2 8 田中 5 0 0
3 6 山徳 4 4 1
4 9 中濱 3 1 0
5 3 青山 4 0 1
6 DH 4 2 0
7 7 大西 2 0 0
H 稲垣 0 0 0
R7 有本 0 0 0
8 2 筒井 4 2 1
9 4 今宮 2 1 0
H 村松 1 0 0

名前 安打
東山 2 2/3 13 3 4
中島 0 3 1 1
秋山 2 12 5 2
酒井 4 1/3 16 2 0


9.27   撃破!!龍谷大学破り勝ち点2!!!

昨日の快勝の勢いそのままに打線が爆発!!

2回に8番筒井がタイムリーを放ち先制すると3回にも相手のエラーや6番泉(神港学園高校出身)の2点タイムリーツーベースで4得点!!

中盤の6回にも1番安岡の満塁ホームランが飛び出し4得点。

9回にも4番中濱がレフト前にタイムリーヒットを放ち1得点。

今季初先発の東山は1回生ながら危なげないピッチングで相手打線をねじ伏せ4安打完封。


結局9対0で快勝し勝ち点を2とした!!

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 4 3 4
2 8 田中 4 1 0
3 6 山徳 4 1 0
4 9 中濱 4 1 1
5 3 青山 4 1 0
6 DH 2 1 2
7 7 大西 3 0 0
8 2 筒井 3 2 1
9 4 今宮 4 0 0

名前 安打
東山 9 36 4 0

(4安打完封!!初勝利の東山投手!!)


(強肩強打でチームに勝利を呼び込む筒井選手)


(5打数3安打4打点!!満塁ホームランを放った安岡選手)


(2点タイムリー2塁打を打った泉選手)


(ダメ押しのタイムリーを放つ中濱主将)


(全員で勝ち点をもぎ取った神戸学院ナイン)

9.26   快勝!!昨日の雪辱果たす!!

昨日龍谷大学に延長で惜しくも負けてしまった神院大は初回から猛攻で1点先制。

その後も4回に8番筒井の2点タイムリーツーベースや1番安岡のライト前へのタイムリーヒット、相手のエラーで4得点を追加。

8回には7番大西(三島高校出身)の2点タイムリースリーベースでダメ押し。

先発前田も気迫のピッチングで6回3分の1を2失点。

後の投手もきっちり抑え、7対3で龍谷大学に雪辱を果たした。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 4 2 1
2 8 田中 4 2 0
3 6 山徳 5 1 0
4 9 中濱 2 0 1
5 3 青山 4 1 0
6 DH 2 0 0
H 大塚 0 0 0
7 7 大西 4 2 2
8 2 筒井 4 1 2
9 4 今宮 2 0 0

名前 安打
前田 6 1/3 32 7 2
中島 2/3 2 0 0
秋山 0 2 0 1
東山 2 7 1 0

(今季1勝目の先発前田投手)


(2点タイムリーツーベースを放った筒井選手)


(ダメ押しの2点タイムリースリーベースを打った大西選手)


(4打数2安打1打点の活躍!!安岡選手)


(先制の1打点!!チームをけん引する中濱主将)


(5打数2安打1打点の活躍!田中選手)


(ゲームのポイントで抑えた中島投手)


(最後を締めた東山投手)


(一体感を持って試合に臨む神院大ナイン)

9.25   延長戦!惜敗!!

雨天順延で試合が流れていた神院大は龍谷大学と対戦。

1対1で迎えた9回裏にサヨナラのチャンスを迎えるも決めきれずに10回の表に2失点。

惜しくも龍谷大学戦の1戦目を落とした。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 5 0 0
2 8 田中 4 2 0
3 6 山徳 4 0 0
4 9 中濱 4 1 0
5 3 青山 3 1 0
R 有本 0 0 0
3 文字 0 0 0
6 DH 3 2 0
7 7 大西 4 0 0
8 2 筒井 4 1 0
9 4 今宮 4 0 0

名前 安打
秋山 3 13 4 1
東山 6 23 5 1
酒井 1/3 3 1 1
松田 2/3 3 1 0


9.16   延長引き分け

大阪学院大学戦を2連勝で飾り、勝ち点を1とした神院大は大阪商業大学と対戦。

3回に先制するとその後も得点を重ね6得点。

しかし、6対1で迎えた9回裏に同点に追いつかれ結局6対6で引き分けた。

次の試合は9月20日(火)にほっともっとフィールド神戸で大阪経済大学との対戦となる。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 4 2 1
2 8 田中 5 2 0
3 6 山徳 6 1 0
4 9 中濱 5 3 2
5 3 青山 2 1 1
R 松田啓 0 0 0
3 文字 0 0 0
6 DH 大西 4 1 0
7 7 稲垣 3 1 0
8 2 筒井 4 0 0
9 4 今宮 5 1 1

名前 安打
酒井 8 1/3 38 9 6
松田 1 2/3 8 1 0


9.8   勝ち点1!!

昨日好スタートを切った神院大は4回生酒井が先発。

危なげない落ち着いたピッチングで1失点完投。

打線も昨日の勢いそのままに1回から1番安岡がライト前ヒットで出塁すると3番山徳(呉宮原高校出身)がタイムリーツーベースを放ち先制。3回にも9番今宮(岡山東商業高校出身)が四球で出塁するとまたもや3番山徳がタイムリーヒット。5回にも今日スタメン出場の6番稲垣、7番大塚(市川高校出身)がそれぞれタイムリーヒットを放ち、結局10安打4得点。

そのまま4対1で大阪学院に勝ち、勝ち点1を挙げた。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 3 2 0
2 8 田中 2 0 0
3 6 山徳 4 3 2
4 9 中濱 3 1 0
5 3 青山 3 0 0
H 大西 1 1 0
3 文字 0 0 0
6 7 稲垣 4 1 1
7 DH 大塚 3 2 1
8 2 筒井 3 0 0
9 4 今宮 2 0 0

名前 安打
酒井 9 39 8 1

(8安打1失点完投の酒井投手)


(本日3安打2打点の山徳選手)


(スタメン出場に見事こたえ1打点の稲垣選手)

(2安打1打点で起用にこたえた大塚選手)


9.7   いよいよ開幕!!あきらめない野球!!9回1死から大逆転勝利!!!

2011年度の秋季リーグ戦が開幕し、初戦を迎えた神院大は大阪学院大学と対戦。

初戦の先発は1回生の前田(明徳義塾高校出身)。

粘りのピッチングで大阪学院打線を抑え込み3失点。

その後、4回途中から登板した中島(北嵯峨高校出身)、6回から登板した秋山(金光大阪高校出身)、8回から登板した東山(香川西高校出身)、9回から登板した松田(鳴門工業高校出身)と4人の1回生投手が要所を締めるピッチングで大阪学院打線を抑えた。

打線は2回に8番筒井(科学技術高校出身)のタイムリーで先制するも逆転され苦しい展開。

しかし、9回1死から1番安岡(鳴門工業高校出身)のタイムリーで同点に追いつくと、延長11回、途中出場の有本(京都成章高校出身)が無死から出塁。無死2塁からまたもや途中出場の7番稲垣(履正社高校出身)がきっちり送り1死3塁。そして、さらに途中出場の杉(北嵯峨高校出身)がスクイズを決め勝ち越し。

その後2死満塁とし、2番田中(岡山学芸館高校出身)が、走者一掃の2点タイムリースリーベースを放ち試合を決めた。

最後は4回生酒井(三島高校出身)が締め、大阪学院大学を6対3で破り、2011年度の秋季リーグ戦の初戦を白星で飾った。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 5 安岡 4 2 2
2 8 田中 6 2 2
3 6 山徳 6 0 0
4 9 中濱 4 0 0
5 3 青山 3 0 0
H 村松 1 0 0
3 文字 1 0 0
6 DH 2 0 0
RD 有本 1 1 0
7 7 大西 3 2 0
7 稲垣 0 0 0
8 2 筒井 2 1 1
H 大塚 0 0 0
R 藁科 0 0 0
2 1 1 1
9 4 今宮 4 2 0

名前 安打
前田 3 17 3 3
中島 2 9 0 0
秋山 2 8 0 0
東山 1 4 0 0
松田 2 7 1 0
酒井 1 4 0 0

(9回に同点2点タイムリーを打った安岡選手)

(延長11回試合を決めた1打を放つ田中選手)


(先制のタイムリーを放つ筒井選手)


(2回を無失点の中島投手)


(2回を無失点の秋山投手)


(1回をきっちり抑えた東山投手)


(2回をピシャリ!松田投手)

(最後を締めた酒井投手)

トップページへ戻る