2010年度秋季成績

2010秋季リーグ戦日程

曜日 球場 第1試合 第2試合
第1節 8月28日 南港中央 大院大1ー3大商大 龍谷大1ー3大経大
8月30日 大経大4ー8龍谷大 大商大3ー2大院大
8月31日 龍谷大4ー2大経大
第2節 9月4日 舞洲べ−スボール 京産大2ー5大院大 神院大3ー1大商大
9月5日 大商大1ー1神院大 大院大2ー9京産大
9月6日 京産大0ー5大院大 神院大3ー4大商大
9月8日 南港中央 大商大3ー2神院大
第3節 9月11日 南港中央 大経大4ー1京産大 龍谷大2ー1大商大
9月12日 大商大0ー4龍谷大 京産大1ー2大経大
9月14日 予備日
第4節 9月19日 スカイマーク 龍谷大4ー2神院大 大院大4ー3大経大
9月20日 大経大1ー5大院大 神院大2ー1龍谷大
9月21日 龍谷大6ー5神院大
第5節 9月25日 南港中央 京産大1ー8大商大 神院大5ー4大経大
9月26日 大経大12ー2神院大 大商大4ー1京産大
9月27日 神院大1ー2大経大
第6節 10月4日 皇子山 雨天中止
10月5日 龍谷大3ー2大院大 京産大2ー7神院大
10月6日 神院大2ー3京産大 大院大0ー2龍谷大
10月16日 龍谷大学瀬田G 京産大2ー0神院大
第7節 10月10日 わかさスタジアム京都
(西京極球場)
京産大3ー4龍谷大
10月11日 龍谷大0ー1京産大
10月12日 京産大4ー6龍谷大
第8節 10月23日 皇子山 大院大3ー2神院大 大商大1ー2大経大
10月24 大経大1ー5大商大 神院大3ー5大院大
10月25 大商大0ー4大経大

開会式 9:30〜
第1試合 10:30〜
第2試合 13:00〜
第1試合のみ 13:00〜
ナイター試合 18:00〜

2010年も応援ありがとうございました。今年は優勝できずに目標を達成できなかったですが、あきらめず1日1日一歩ずつでも進歩し、必ずや来春は大きな喜びを皆さんとともに味わおうと決意しております!!!今後も応援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。今年もありがとうございました!!

11.23   今年の試合全日程終了

神院大は11/23(火)に姫路獨協大学とオープン戦を行い、今年の試合の全日程を終了した。

来年の春季リーグ戦に優勝することを目標に、冬の厳しい練習を積み重ねていく。

11.21  第6回兵庫県知事杯争奪社会人・大学野球大会

神院大は企業チームも参加する兵庫県知事杯争奪社会人・大学野球大会に出場した。

大学のチームで唯一準決勝に残るものの、惜しくも企業チームに敗れ準決勝敗退。

この大会をもって今年の公式戦全日程が終了した。

なお、この大会で1回生の磯浦投手(西宮今津高校出身)が優秀選手賞に選ばれた。


11.14   神戸新聞杯争奪兵庫県大学野球選手権大会優勝

4回生が引退し、新チームとなり、最初の大会である神戸新聞杯争奪兵庫県大学野球選手権大会は決勝戦を関西学院大学と対戦。

初回に1番吉見亘平が出塁し、4番吉見太佑のタイムリーで1点を先制。

その後1対1の同点で迎えた8回に9番浦川、1番吉見亘平の連続バントヒットで無死1・2塁。

2番山徳がきっちりバントで送り、1死2・3塁から3番溝口がレフト前に2点タイムリーヒットで勝ち越し。

先発酒井が1失点で完投し、3対1で優勝した。

なお、チームとしては去年に続き2連覇。最優秀選手賞に酒井投手、打撃賞に吉見太祐選手、優秀賞に溝口選手が選ばれた。


(最優秀選手賞の酒井投手)


(打撃賞の吉見太祐選手)


(優秀賞の溝口選手)


(去年に続き2連覇を成し遂げた選手達!!)


10.25   4回生引退

10月25日(月)に閉会式が行われ、4回生の山口選手が2塁手のベストナインに選ばれた。

山口選手は通算100安打記録、1シーズン最多安打数27を更新する記録がかかっていた。

しかし、どちらもあと6本足らず通算安打数94、2010年秋季リーグ戦の安打数21で終了した。

今後の選手に記録達成を託し、山口選手をはじめ、飛石選手・中田選手・水田選手・山本選手・松田選手の4回生は引退した。

(4年間を通して活躍した山口選手)


10.24   最下位

昨日負けて1勝1敗としたい神院大は3点を先制され苦しい展開。

その後3点を返し、同点にするものの2点を追加され、勝ち点を落とした。

4勝10敗1引き分け勝ち点0で2010年の秋季リーグは幕を閉じた。


打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 2 0 0
2 6 山徳 4 3 1
3 8 石津 3 2 0
4 7 神谷 4 1 0
5 3 山本 5 1 0
6 DH 浦川 3 0 0
7 9 吉見(太) 4 1 0
8 5 溝口 4 1 0
9 2 三角 3 0 1
H 水田 2 1 0


名前 安打
大橋 7 28 6 3
磯浦 1 5 2 1


10.23   延長戦の末、またも惜敗

勝ち点1を取り最下位を脱出したい神院大は、酒井が久しぶりの先発。9回3分の1を6安打2失点に抑える。

10回に相手に2点取られるが粘りを見せ、同点に追いつくものの次の回に1点を取られ結局2対3で敗れた。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 5 0 0
2 8 田中 2 0 0
H8 石津 3 2 0
3 5 溝口 3 0 0
4 7 神谷 5 0 0
5 3 山本 5 1 0
6 DH 安岡 3 0 0
7 9 吉見(太) 4 1 0
9 中濱 0 0 0
8 6 山徳 3 2 0
R 三角 0 0 0
6 浦川 1 1 1
9 2 水田 2 1 0

名前 安打
酒井 9 1/3 38 6 2
磯浦 1/3 3 1 0
木場 11/3 6 1 0


10.16   勝ち点落とす

1勝1敗で迎えた京都産業大学戦。

1回に先制され、その後得点を奪えず、結局2対0で完封負けを喫した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 3 1 0
2 8 田中 3 0 0
H9 中濱 1 0 0
3 5 溝口 4 1 0
4 DH 神谷 3 0 0
5 3 山本 3 0 0
6 6 安岡 4 1 0
7 9 吉見(亘) 3 3 0
8 2 水田 1 0 0
H 岡田(光) 1 0 0
2 三角 1 0 0
9 9 吉見(太) 2 1 0
H 矢野 1 0 0
8 石津 1 0 0


名前 安打
磯浦 9 36 3 2

10.6   サヨナラ負け

昨日勝利し、一気に勝ち点を取りたい神院大は先制するもののすぐさま逆転されてしまい、同点にするが、延長戦でサヨナラ負けを喫した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 6 1 0
2 8 田中 4 2 0
3 9 吉見(太) 3 0 1
9 吉見(亘) 2 0 0
4 7 神谷 5 0 0
5 3 山本 5 2 1
6 DH 安岡 2 0 0
7 6 山徳 5 0 0
8 5 溝口 4 2 1
9 2 水田 2 0 0
2 筒井 1 0 0
H 岡田(光) 1 0 0
2 岡田(和) 1 0 0

名前 安打
磯浦 7 2/3 29 6 2
木場 1 3 0 0
大橋 3 16 4 1



10.5   先勝

昨日雨天中止になった京都産業戦。

先発は大橋。

2失点完投と気合いのピッチングが光った。

打線も12安打7得点とつながり、7対2で快勝した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 5 1 0
2 8 田中 4 0 0
3 9 吉見(太) 5 0 0
4 7 神谷 4 0 0
5 3 山本 5 1 0
6 DH 安岡 2 0 0
H 浦川 1 0 0
7 6 山徳 4 0 0
8 5 溝口 3 0 1
9 2 水田 5 0 0

名前 安打
大橋 9 41 9 1



9.27   延長戦でサヨナラ負け

1勝1敗で迎えた第3戦。

何とか勝ち点を取りたい神院大はスクイズで1点を取るものの2安打に抑えられ延長12回でサヨナラ負けを喫した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 5 4 3
2 8 田中 4 1 1
3 9 吉見(太) 4 0 0
4 7 神谷 4 1 0
5 3 山本 4 0 0
6 DH 安岡 3 0 0
7 6 山徳 3 1 0
8 5 溝口 3 2 0
9 2 水田 2 2 2

名前 安打
飛石 3 2/3 16 4 1
磯浦 5 2/3 21 2 0
木場 1 3 0 0
大橋 1 2/3 8 1 1



9.26   大敗

初戦を取った神院大は連勝で勝ち点を取りたいところだったが、大阪経済大学の勢いに押され、12対2で大敗を喫した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 2 0 0
4 城井 1 0 0
4 浦川 1 0 0
2 8 田中 4 3 1
3 9 吉見(太) 3 1 0
9 中濱 1 0 0
4 DH 神谷 4 0 0
5 3 山本 3 1 1
H3 文字 1 0 0
6 6 安岡 1 0 0
6 山徳 2 0 0
7 7 石津 1 0 0
7 矢野 1 0 0
8 5 溝口 2 0 0
9 2 水田 1 0 0
2 筒井 2 0 0

名前 安打
大橋 3 1/3 19 9 4
2/3 2 0 0
中北 2 2/3 16 6 4
木場 1 1/3 5 0 0
磯浦 1 3 0 0



9.25   延長戦制す

大阪商業大学・龍谷大学戦の勝ち点を落とし、後のない神院大は大阪経済大学と対戦。

投手は継投で小刻みに繋ぎ4失点に抑えた。

打線は5番山本のソロホームランを含む14安打5得点で延長11回の延長戦を制し、大阪経済大学戦の初戦を白星で飾った。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 5 2 0
2 7 吉見(亘) 2 0 0
H8 田中 3 1 0
3 9 吉見(太) 4 1 0
4 DH 神谷 2 0 0
池田 1 0 0
浦川 2 1 0
5 3 山本 4 2 1
6 6 安岡 3 1 1
6 山徳 1 0 0
7 8 中濱 2 0 0
H7 石津 4 2 0
8 5 溝口 4 3 1
9 2 水田 3 1 0


名前 安打
飛石 4 23 6 2
磯浦 3 1/3 2 2 0
木場 2 2/3 12 4 1
大橋 1 3 0 0


9.21   1点差で惜敗

1勝1敗で迎えた龍谷大学戦。

先発は昨日完投した飛石。

その後、大橋・1回生木場(金光大阪高校出身)・1回生磯浦(西宮今津高校出身)に繋ぎ、6失点。

打線も野選を含み6連打で4点を取り、9回に1点差に詰め寄るも逆転できず結局5対6で惜敗した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 4 2 2
2 8 田中 3 0 0
浦川 0 0 0
吉見(亘) 1 0 0
8 中濱 1 0 0
3 9 吉見(太) 4 1 1
4 7 神谷 4 0 0
5 3 山本 3 1 0
6 6 安岡 3 1 0
7 DH 石津 3 1 0
8 5 溝口 4 2 2
R 城井 0 0 0
9 2 三角 1 0 0
2 水田 3 1 0

名前 安打
飛石 3 16 5 3
大橋 3 16 6 3
木場 2 14 3 0
磯浦 1 2 0 0



9.20   飛石完投!!

龍谷大戦初戦を落とし後のない神院大は4回生の飛石(東洋大姫路高校出身)先発。

5安打1失点で完投。

打線も6安打ながら、6番安岡のタイムリーや8番溝口(東洋大姫路出身)のスクイズなどで2得点。結局2対1で龍谷大に競り勝った。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 4 1 0
2 8 田中 4 1 0
3 9 吉見(太) 3 0 0
9 中濱 0 0 0
4 7 神谷 4 2 0
7 吉見(亘) 0 0 0
5 3 山本 4 0 0
6 6 安岡 4 1 1
7 DH 石津 3 1 0
8 5 溝口 2 0 1
9 2 三角 2 0 0

名前 安打
飛石 9 37 5 1

(久しぶりに先発!完投勝利飛石投手)


(先制点をたたき出した!!新人安岡選手)


(決勝点のスクイズを決めた溝口選手)


9.19   龍谷大学戦初戦落とす

1節を終え、勝ち点のない神院大は龍谷大学と対戦。

先発酒井は5安打に抑えるものの4失点。

打線も11安打を放つもののあと1本が出ず、2対4で初戦を落とした。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 5 4 0
2 8 田中 0 0 0
H8 吉見(亘) 1 0 0
3 6 山徳 2 0 0
H5 溝口 3 1 0
4 7 神谷 3 1 0
5 3 山本 2 1 0
6 9 吉見(太) 4 3 0
7 DH 浦川 1 0 0
H 矢野 1 0 0
H 中濱 1 1 1
H 城井 1 0 0
8 56 安岡 2 1 1
9 2 水田 4 0 0
H 石津 1 0 0

名前 安打
酒井 9 35 5 4



熱い中、たくさんの方々の応援にもかかわらず、秋季リーグ戦のスタートは残念な結果になってしまいました。しかし、次の試合は9月19日(日)・第1試合目・地元スカイマーク球場で行われます。この地元での試合で龍谷大学に勝ち点を挙げ、勢いに乗っていこうと考えております。今シーズンは春季に優勝争いをし、悔しい思いをした次のシーズンで、我々にとって、とても大事なシーズンです。一人でも多くの応援が選手の力になることは間違いありません!!ぜひとも球場に足を運んでいただき、選手に熱い応援をよろしくお願いいたします!


9.8   惜敗

1勝1敗1分けで迎えた大商大戦。

先発は9月5日の試合で好投を見せた大橋投手。

5回を2失点で踏ん張った。

6回から引き継いだ酒井も1失点で抑え好投。

打線はチャンスを作るもののあと1本が出ず、結局2対3で惜敗した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 4 1 0
2 8 田中 3 1 0
H 神谷 1 0 0
7 中濱 1 0 0
3 6 山徳 3 0 0
H 吉見(亘) 0 0 0
R 三角 0 0 0
5 溝口 0 0 0
4 3 山本 3 0 0
5 9 吉見(太) 4 1 0
6 7 石津 4 1 0
7 DH 浦川 3 2 1
8 56 安岡 2 1 1
9 2 水田 4 0 0

名前 安打
大橋 5 25 7 2
酒井 4 14 3 1



9.6  延長サヨナラ負け

昨日延長13回で引き分けた神院大は酒井が先発。12安打を打たれエラーなども絡み4失点。

打線も9回に追いつくものの勝ちきれず、3対4で延長10回にサヨナラ負けとなった。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 4 2 0
2 8 田中 3 0 0
3 6 山徳 5 1 0
4 3 山本 4 1 1
5 9 吉見(太) 3 0 0
7 中濱 1 0 0
6 7 石津 4 2 0
7 DH 浦川 2 0 0
8 5 安岡 4 1 2
9 2 水田 4 0 0


名前 安打
酒井 10 41 12 3



9.5   延長13回引き分け

昨日先勝し、勢いに乗る神院大は、大橋(金光大阪高校出身)が先発。

延長13回を一人で投げ切り1失点。好投を見せた。


試合は1対1で引き分け、明日に決着を持ち越した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 6 1 0
2 8 田中 6 1 0
3 6 山徳 6 1 0
4 3 山本 2 0 0
5 9 吉見(太) 5 1 0
6 7 石津 2 0 0
7 DH 浦川 2 0 0
8 5 安岡 5 1 0
9 2 水田 5 1 0

名前 安打
大橋 13 51 6 0

(炎天下の中、延長13回を投げ切った!!投手リーダー大橋投手)


9.4   初戦白星

2010年度秋季リーグ戦の初戦を迎えた神院大は酒井(三島高校出身)が4安打完投。

打線も8番安岡(鳴門工業出身)が2安打2打点と活躍。チーム全体で8安打3得点と奮起し、3対1で勝利した。

打順 守備位置 名前 打数 安打 打点
1 4 山口 4 1 0
2 8 田中 4 1 0
3 6 山徳 3 0 0
4 7 神谷 4 1 0
7 中濱 0 0 0
5 3 山本 3 0 0
6 9 吉見(太) 3 2 0
9 吉見(亘) 0 0 0
7 DH 浦川 2 0 0
H 石津 1 1 0
8 5 安岡 4 2 2
9 2 水田 3 0 0

名前 安打
酒井 9 32 4 1


(今季1勝目!酒井投手)

 (2安打2打点!!期待の新人安岡選手)

トップページへ戻る