2008年度春季成績


6.14   4回生引退

6.14日(土)神戸学院大学第4グラウンドで兵庫カップトーナメント準決勝が行われ、1−7で流通科学大が勝ち、神院大は準決勝で敗退した。

戎至誠、寺田健児以外の、秋に就職活動に集中する4回生は引退した。

なお、優秀選手に玉井宏明投手(鳥羽高校出身)が選ばれた。

4回生の皆さん、4年間お疲れ様でした!!!




いよいよ6.14日(土)神戸学院大学第4グランドで兵庫カップトーナメント準決勝が行われます!!第2試合目13:00開始予定です!相手は流通科学大学です。秋に就職活動に集中する4回生は最後の大会です!!皆様の応援お待ちしております!




6.8   兵庫カップトーナメント始まる!!

兵庫県の大学がトーナメントで戦う兵庫カップトーナメントが6.7(土)から始まった。

神院大は神戸学院大学第4グランドで姫路獨協大学と対戦し、4−1で快勝した。

4回生の玉井宏明投手(鳥羽高校出身)が完投し、姫路獨協打線を抑えた。


6.8   新人戦最終戦

最終戦は龍谷大と対戦し2−4で負けた。

須藤光祐(京都成章高校出身)の三塁打や吉見(太)のセンター前ヒットで2点を得るも投手陣が踏ん張れず最終戦を勝利で飾ることができなかった。

結局2勝3敗第4位で平成20年春季新人戦は幕を閉じた。


 (3塁打を放った須藤選手)



6.7   快勝!

新人戦第4戦は大院大と対戦。

先発谷川が3安打1失点完投。

打線も兼屋誉(武蔵工大第二出身)、吉見(太)のタイムリーと、前田(翔)の犠牲フライで3点を奪い3−1で快勝した。


 (好投の谷川投手)


 (3点目のタイムリーを打った吉見選手)


6.1   逆転勝利

新人戦3回戦は大経大と試合を行い、3−2で逆転勝ち。

先発酒井大輝(三島高校出身)が10奪三振で完投。

8回にツーアウト満塁から4番山本がツーベースヒットを放ち逆転勝ちを収めた。


 (10奪三振完投の酒井投手)


5.31   京産大戦

新人戦2回戦京産大戦は、先発井崎友裕(加悦谷高校出身)が、フォアボールや野手のエラーも絡み4回3分の2で6失点。

打線も3番前田が2安打、4番山本直哉(関西高校出身)が3安打で5安打5得点に終わり、5−8で負けた。



5.30   新人戦始まる

5.30(金)から新人戦が始まった。

神院大は大商大と試合を行い、先発の谷川慧一郎(明徳義塾高校出身)が完投したものの4失点。

4回に溝口達矢(東洋大姫路高校出身)が右中間に2点タイムリーツーベースを打ち2点を入れたが、2−4で惜しくも負けた。


 (3安打2打点の溝口選手)

 (先発完投の谷川選手)






今シーズンも熱い応援ありがとうございました!今シーズンは残念ながら、リーグ戦優勝という目標は達成できませんでしたが、来シーズンに向けてあきらめずに一歩一歩成長して早く目標を達成できるよう精進していきます!!!今後も応援のほどよろしくお願いします!!
なお、5.30(金)から新人戦が始まります。将来の神戸学院大学硬式野球部を背負う1・2回生の試合も見ごたえ十分です!詳しくは「日程・結果」のページをご覧ください!本当に今シーズンも応援ありがとうございました!!


5.27   平成20年度春季リーグ戦最終戦

1勝1敗で迎えた今季最終戦。

8安打を放ちながらも走塁ミスが目立ち、得点を挙げることができなかった。

4回に守りのミスが出て2点を失うとそのまま反撃できずにゲームセット。

平成20年度春季リーグ戦の最終戦を勝利で飾ることができず、課題の残る試合となった。

結局、チームは5勝7敗、勝ち点2で、第4位となった。

21日から南港中央野球場で始まる関西地区大学野球5リーグ対抗戦には、投手 寺田健児、捕手 水田信一郎、二塁手 山口貴樹、外野手 戎至誠、同じく外野手 下田竜太郎が選出された。

スタンドからの声援、応援、本当にありがとうございます!!天候が悪く、試合が行われるかどうかわからない状況だったにもかかわらず、多くの方に遠方から球場まで足を運んでいただき、チーム一同心より感謝しております!!!次回の試合は、5.27(火)南港中央野球場で1時開始予定です!とうとう最終戦になりました!!応援よろしくお願いします!


5.25   3回生バッテリー大活躍!!

打線を少し変えた神院大は、3回に今季初先発の捕手藤本が1アウトから出塁すると、続く9番森がレフトへツーベースヒットを放ち先制。

5回に7番吉見(太)が、左中間にツーベースヒットを打ち1アウトから出塁。再び8番藤本がレフト前ヒットで出塁し、1アウト1・3塁で9番森がスクイズで2点目。

7回に2アウトからまたもや藤本が粘ってフォアボールで出塁し、絶妙な盗塁のスタートで投手のボークを誘った。2アウトランナー2塁から、9番森のセンター前に抜けるタイムリーヒットで2塁ランナー藤本が生還し、貴重な3点目を追加した。

今季初登板の3回生左腕田中 遼(北嵯峨高校出身)は、危なげないピッチングで前半を投げきり、6回に1点を取られたものの最後まで踏ん張り続け完投。リーグ戦初勝利を挙げた。


 (見事なピッチング!田中投手)

 (走攻守で大活躍の藤本選手)

 (2打数2安打2打点の森選手)


5.24   逆転負け

かなりの期間が空いた神院大は最終節の大院大戦に臨んだ。

3回に8番水田のライト前ヒット、1番山口のヒットエンドランでのセンター前ヒット、2番北川のセンター前タイムリーで先制した。

さらに5回、再び8番水田が右中間にツーベースヒットで出塁すると、9番宮里のバントが投手の野選を誘いノーアウト1・3塁とし、1番山口のレフト前ヒットで2点目を追加した。

しかしその後ノーアウト2・3塁、1アウト満塁から追加点が取れず流れをつかみきることができなかった。

5回裏に相手チームに3点を取られ逆転されると、続く6回にも5点を追加された。8回にも1点を追加され、2−9で大院大戦の初戦を落とした。

 (2安打1打点の山口選手)


 (1打点の北川選手)

ゴールデンウィークにもかかわらずたくさんの応援ありがとうございました!!!皆様の熱い応援が選手の後押しになりました!!次の試合は5.24(土)に南港中央野球場で2試合目、大院大戦です!!最終節です!!チーム一丸となって頑張りますので、応援よろしくお願いします!


5.6   大逆転勝利!!!

昨日の試合で打線が爆発し、先勝した神院大だったが、1回先発飛石が立ち上がりに調子が上がらず、1アウトから三者連続フォアボールの後、ツーベースを打たれ3点を許した。その後2番手の江口も踏ん張れず、さらに2点を追加され1回に5失点と大きく引き離された。

しかし神院大の選手はあきらめなかった。

3回9番宮里が昨日に引き続きライト前ヒットで出塁すると、2番北川3番下田の連続ヒットで1点を返した。

続く4回、昨日ホームランを放った7番小堀がセンター前で出塁すると、1回途中の守備から代わった藤本洋二(明徳義塾高校出身)のラッキーなバントヒットで1アウト1・2塁とし1番山口2番北川3番下田の3連続ヒットで2得点。さらに2アウト満塁で京産大の好投手から5番野村6番中島がともに2−3から粘ってフォアボールを選び2点を得て同点に追いついた!!

気持ちの緩みがない神院大は6回、2アウトから4番戎がしぶとくセンター前で出塁し5番野村がフォアボールで1・2塁になった。ここで捕手の暴投を誘う戎の3塁への盗塁が決まり、そのまま戎がホームインし逆転した。

なおも2アウト2塁から、これまでチャンスでいい当たりを放ちながら不運なアウトが続いた6番中島が、右中間にツーベースのタイムリーを打ち、貴重な1点をさらに追加した。

次の回も8番藤本が思い切りよくセンター前に弾き返しノーアウトから出塁すると、9番宮里が送り1番山口がセカンド内野安打を打った。1アウト1・3塁で2番の北川が絶妙のスクイズを決め自らもセーフ。その間に山口がサードまで到達しまたもや1アウト1・3塁になった。続く3番下田のセカンドゴロゲッツー崩れの間に山口が生還。9点目をあげた。

1回の失点から粘りのピッチングで立ち直った江口を引き継いで、8回からマウンドを任された寺田が2回を1失点に抑え、大逆転勝利をおさめた!!

選手1人1人が思い切ったプレーをし、チーム内の繋がりを感じた神院大にとって大きな試合になった。


 (初勝利の4回生江口投手)


 (貴重な追加点のタイムリーツーベースを放った中島選手)


 (いぶし銀の活躍北川選手)


 (突然の交代にも対応。冷静に投手をリードし打撃でも活躍した藤本捕手)


 (3安打の活躍!!下田選手)

 (逆転のホームインに繋がった戎選手の3塁盗塁)


5.5   猛打爆発15安打

わずか2安打で大経大戦を落とした神院大は今日の試合で一変した。1回先頭打者の山口がセンター前で出塁すると、3番下田4番戎の連続ヒットで1点を先制した。

続く2回、9番宮里がライト前のヒットで出塁し続く山口がレフト前ヒットで繋ぐと、2番に入り地元での試合に燃える北川直哉(八幡商業出身)が、思い切りのいいバッティングでタイムリーヒットを放った!

3回に1点を返されたが、4回に宮里がフォアボールで出塁すると山口が繋ぎ、北川がセフティーバントで繋いだ。そのランナーを4番戎がしぶとく打ち返し1点を追加した。

7回に1点を返され京産大は5安打で2得点に対し、神院大は6回までで12安打を放ちながらも3得点となかなか流れをつかめなかった。

しかし7回、野村がヒットで出塁し、6番DH中島正登(報徳学園出身)が送りバントで、7番小堀祐希(社高校出身)に繋いだ。その小堀が試合を決める2ランホームランを放ち15安打、5−2で京産大に先勝した!

 
(試合を決める2ランを放った小堀選手)


 (2点目のタイムリーを放った地元滋賀出身北川選手)


 (9番ながら2得点の宮里選手)


 (チャンスに強い4番戎選手)



次の試合は、5.5(月)に皇子山総合運動公園野球場で、京産大と対戦します!チーム全員で最後まであきらめずに、1試合1試合全力でプレーします!!選手たちに熱い応援の後押しをよろしくお願いします!!!

4.27   わずか2安打勝ち点落とす

昨日の巻き返しを図りたい神院大は、左打者を並べて大経大戦の2戦目に臨んだ。

しかし、相手投手を打ち崩すことができなかった。先発の飛石も味方打線を信じて4回に1点を取られたものの、5回まで1失点と踏ん張った。

ところが6回、1アウトからフォアボールでランナーを出すとこの日それまで2安打の6番打者にホームランを打たれ2失点。

その後を継いだ江口も1失点で、結局4−0で勝ち点を落とした。

 (次の試合に期待がかかる飛石選手)


4.26   力出し切れず・・・。

昨年のリーグ覇者の大経大戦に臨んだ神院大は、前半大経大の勢いに押され、力を出し切れなかった。

2回、先発寺田が2安打で1点を失うと続く3回、フォアボールから先頭打者を出してしまい、1アウト1・2塁からショート森のエラーでさらに1失点。その後2連続ヒットで3点を失った。

5回に水田のタイムリーヒットで今季初の4番に座った戎が生還し、1点を返すものの7回に寺田が乱れ、デットボールで先頭打者を出すと自らのバント処理ミス2つで1点を失った。

8回に水田がライトオーバーのツーベース、森のライト前ヒット、サードエラーとフォアボールで1点を返し、なおも下田のライト前タイムリーで2点差まで詰め寄った。

4番戎、5番野村に期待がかかったが1本が出ず、そのまま3対5で初戦を落とした。

明日の試合は、相手のペースにのまれず実力を出し切ることを期待したい。


 (バッティングの調子が上がってきた水田選手)


明日もスカイマーク球場で10:30から大経大戦に臨みます!今季のスカイマーク球場での試合はこの節が最後です!!応援よろしくお願いします!!!

4.14   延長戦の末見事勝利!!今季初の勝ち点!!!

昨日の勝った勢いをそのままに、先攻で先に得点したい神院大は2回ワンアウトから5番水田がセンター前ヒット。7番角田が左中間にツーベースヒットで1点先制!

だがその裏、一昨日のリベンジに燃える先発寺田が、コースを丁寧に突きすぎて先頭打者をフォアボールで出塁させてしまい、バントとショート内野安打とライト前ヒットで2点を与え、逆転されてしまった。

続く3回表はワンアウト1・2塁で3番下田4番野村が連続三振。嫌な雰囲気が流れたかに見えた。

しかし5回表、1番山口がレフトスタンドにチームとしても個人としても今季初となるソロホームランをたたきこんだ。

その後両チームとも決定打がなく延長戦に入り延長11回裏。先頭打者にライト前に運ばれバントで1アウト2塁。フォアボールで塁をつめてゲッツー狙いの形をとったが、ライト前に運ばれ1アウト満塁。一打サヨナラの場面で寺田の投球にかけた。その期待に見事にこたえ、セカンドゴロと見逃し三振で相手打者を切って取り、気持ちで踏ん張った。

すると、延長12回表、7番角田がレフト戦にツーベースを放ちワンアウト2塁。続く8番前田が気合いでレフト前に運び1アウト1・3塁、途中から出場のショートで9番の森 誠治(北陽高校出身)がレフトにツーベースヒット!!!その裏を寺田が抑え激闘の末3−2で勝ち、今季初勝ち点を獲得した!!!

  ←
(粘りの投球で今季初勝利の寺田投手)

 (延長戦で勝ち越しタイムリーを放った森選手)→


 (逆転の口火を切った角田選手)→





次の試合は4.26(土)にスカイマーク球場で行われます!!第2試合、大経大戦です!!リーグ戦試合直後にも、グランドに帰り練習する選手の努力の成果を、ぜひ球場まで見に来てください!!応援よろしくお願いします!!!



4.13   今季初勝利!!!

3連敗の神院大は並々ならぬ覚悟と決意を胸に大商大戦の第2回戦を迎えました。

序盤に昨日までの嫌な流れなのか、ランナーを出すものの盗塁失敗やバント失敗などミスが続き波に乗れないかと思ったが、2回に5番水田のセンター前から相手チームの投手の乱れもあり1点先取。

その後、4回に先頭の1回生、吉見太祐(金光大阪高校出身)がフォアボールで出塁し、2回生、角田卓也(金光大阪高校出身)がバントの構えから野手が前に出てきたのを見てバスターに切り替えセンター前。続く1回生、前田翔吾(報徳学園高校出身)がバントで送り、4回生宮里光(沖縄尚学高校出身)がしぶとくライト前にはじき返し2点目。

続く1番2回生、山口がセカンドゴロを打ちゲッツー崩れの間に3点目をとった。

先発の飛石は、フォアボールを7つも出しながら要所を締めるピッチングで、5安打1失点に抑え、前回完投しきれなかった壁を越えて今季初勝利をチームにもたらした。チームも昨日の反省を生かして内野手のエラーがなく、この勢いに乗って明日のゲームに臨む!!!


明日はいよいよ勝ち点をかけて選手たちが全身全霊をかけて臨みます!熱いゲームになること間違いなし!!ぜひ応援のほどよろしくお願いいたします!!!午後1時スカイマーク球場プレイボール!


 (今季初勝利の飛石投手)


 (タイムリーヒットを放った宮里選手)



4.12   地元スカイマークで大商大戦!

今季初勝利に期待のかかる神院大は第2節大商大戦を地元スカイマーク球場で迎えました。

先攻で迎えた1回、先頭打者山口がレフトオーバーのツーベースヒット。2番戎がバントで送り、3番下田 竜太郎(明徳義塾高校出身)のフォアボールの後、4番野村 太一(明徳義塾高校出身)が待望の今季初タイムリー。相手チームのエラーと押し出しフォアボールで1回に3点先取!

3回にも戎のタイムリーで1点追加し好調の滑り出しだったが、1回、2回と1点づつ返され3回ワンアウトからエラー二つとヒット3本で逆転され、先発寺田投手交代。

代わった江口 啓太(大商学園出身)投手が粘りのピッチングで乗り切るも、打線の援護がなく8回に自ら出塁させたフォアボールのランナーを、ワンアウト2塁からマウンドを引き継いだ1回生左腕、酒井(三島高校出身)がライト前ヒットでホームに返され、4対6で第2節の初戦を落とした。


 (今季初打点の4番野村選手)


明日もスカイマーク球場で10:30から第1試合、大商大戦2回戦を行います!皆様の応援がチームに初勝利を呼び込みます!!ぜひ選手達の熱いプレーを見に来てあげてください!!!お待ちしております!!!!


2008.4.5  いよいよ2008年春季リーグ戦開幕!!

高校野球春の選抜も終わり、いよいよ大学野球の季節が到来!!

冬場の走り込みや体力強化、毎年恒例の沖縄キャンプ、3月のオープン戦を乗り越えて我々も関西六大学リーグの開幕と共に初戦を迎えました!

初戦の龍谷大戦は、今期活躍が期待される寺田 健児投手(赤穂高校出身)の力投で4回まで両チーム合わせて3安打と、投手戦の展開になりました。

試合が動いたのは試合が動いたのは5回。2アウトからフォアボールでランナーを出し、ショートとレフトの間に落ちる不運なヒットの後ショート内野安打で1点を先制され、そのまま打線の援護もなく、終わってみればわずか3安打完封負けでした。

 (今期活躍が期待される寺田投手)

4.6   神院大惜しくも逆転負け!!

初戦を惜しくも落とした神院大は、打線の奮起を課題に2試合目を迎えました。

1回先発の飛石 欣也投手(東洋大姫路高校出身)が立ち上がりを攻められ、1アウト満塁からファーストゴロの間に1点を先制されました。

その後は尻上がりに調子を上げて7回までヒット3本に抑える好投を見せました。

打線は3回、フォアボールで1番打者の山口 貴樹(柳川高校出身)が出塁し、カウント2−3から主将戎 至誠(智辯学園出身)のバスターエンドランが成功し、飛石の高校時代からの女房役捕手の水田 信一郎(東洋大姫路出身)レフト前にタイムリーヒットを放ち同点に追いつきました。

さらに7回、1アウトから山口がレフト前ヒットで出塁。その後戎がセンターオーバーで逆転しました。

しかし8回、試合の流れを意識しすぎたのかこれまで好投していた飛石が先頭打者にフォアボール。送りバント、レフト前ヒットで1アウト1,3塁のピンチを迎えたところで、ワイルドピッチで同点。なおも1アウト2塁で、4番にレフト前適時打を打たれ逆転負けを喫しました。


        
(今季チーム初タイムリーを放った水田選手)            (逆転タイムリーを打った主将の戎選手)


   (2得点の山口選手)

平成20年春季新人戦結果

曜日 対戦カード 試合開始時間 球場
30 大経大6ー0大院大 10:30 大経大G
龍谷大1ー4京産大 13:00
神院大2ー4大商大 11:00 大商大G
31 龍谷大7ー0大院大 10:30 京産大G
京産大8ー5神院大 13:00
大経大6ー1大商大 11:00 大商大G
京産大3ー5大院大 10:30 京産大G
龍谷大12ー1大商大 10:30 龍谷大G
大経大2ー3神院大 13:00
龍谷大0ー7大経大 10:30 大経大G
大院大1ー3神院大 13:00
京産大11ー5大商大 11:00 京産大G
京産大3ー6大経大 8:30 龍谷大G
龍谷大2ー4神院大 11:30
大院大2ー1大商大 14:30






平成20年春季リーグ戦結果

いよいよシーズン到来!結果はこちら!

曜日 球場 第1試合 第2試合
第1節 4月5日 舞洲べ−スボール 大経大2ー3大院大 龍谷大0ー1神院大
4月6日 神院大2ー3龍谷大 大経大2ー6大院大
4月7日 予備日
第2節 4月12日 スカイマーク 京産大2ー0大院大 神院大4ー6大商大
4月13日 大商大1ー3神院大 大院大1ー4京産大
4月14日 神院大3ー2大商大
第3節 4月19日 皇子山 大経大6ー2京産大 龍谷大3ー0大院大
4月20日 大院大1ー4龍谷大 京産大1ー0大経大
4月21日 大経大3−2京産大
第4節 4月26日 スカイマーク 大商大0ー5龍谷大 大経大5ー3神院大
4月27日 神院大0ー4大経大 龍谷大4ー1大商大
4月28日 予備日
第5節 5月5日 皇子山 京産大2ー5神院大 大商大0ー4大院大
5月6日 大院大2ー6大商大 神院大9ー6京産大
5月7日 大院大4ー7大商大
第6節 5月13日 皇子山 大経大5ー4龍谷大 大商大2ー3京産大
5月14日 京産大4ー1大商大 龍谷大6ー2大経大
5月15日 大経大0ー1龍谷大
第7節 5月18日 西京極 龍谷大1ー5京産大(ナイター)
5月19日 京産大3ー2龍谷大
5月20日 予備日
第8節 5月24日 南港中央 大経大7−6大商大 神院大2ー9大院大
5月25日 大院大1ー3神院大 大商大1ー3大経大
5月27日 神院大0ー2大院大

開会式 9:30〜
第1試合 10:30〜
第2試合 13:00〜
第1試合のみ 13:00〜
ナイター試合 18:00〜


トップページへ戻る